ポテトサラダの作り方と、酢のきいた鶏肉のホロホロ煮の作り方

      2017/03/17

ポテトサラダの作り方

材料 (2人分)
・ジャガイモ  中1個
・キュウリ   1本
・ハチミツ   大さじ2~3杯
・マヨネーズ  50グラム程度(お好みで、調整してください。)
・塩、コショウ 少々
・酢      大さじ1杯
・塩      少々
・カニカマ   適量



作り方
⓵ジャガイモは、皮をむき、1センチ角に切り耐熱性の容器に入れてレンジ(何ワット?)
で約5分チンする。(柔らかさは、お好みで調整してくださいね。)
⓶キュウリを薄切りし、塩をかける。5分ほどして、薄切りのキュウリがしんなりとしたら、水で塩を流し、絞って水気をとる。
⓷「⓵」のジャガイモが柔らかくなったら、フォーク等でつぶす。
⓸「⓶」と、ハチミツ大さじ2~3杯、マヨネーズ50グラム程度、塩少々、コショウ、酢大さじ1杯を加え混ぜ、粗熱のとれたジャガイモ「⓷」を加え混ぜ合わせる。

ひとこと
シンプルなポテトサラダに仕上げました。
お好みの具材(例 ハム、魚肉ソーセージ、コーン、ゆで卵など)を加えても、お楽しみいただけます。

雑学
太宰治の作品中で、ハムが出てくるのは、『女生徒』と『ろまん燈籠』と『斜陽』においてである。ただし
『新ハムレット』中のハムレットを表す、「ハム」を除く。




鶏肉のホロホロ煮

材料(2人分)
鶏肉手羽先  200グラム
大根  二分の一本―乱切りにする
人参  1本―乱切りにする
レンコン 1本乱切りにする
ゴボウ  1本乱切りにしたうえで、あく抜きをしておく。
里芋   10個 皮をむく(電子レンジでチンすれば簡単に皮をむくことができる)
こんにゃく(生芋)  一袋 食べやすい大きさに手でちぎると、味がしみこみやすい
しいたけ 6個 乱切り
さや豆  適量 塩少々で茹でておく。
昆布   適量 濡れ布巾で両面を拭き取る。キッチンバサミで1cm中位に切る。食することができるように。
大豆   適量
ニンニク 4片―包丁の背で軽くつぶしておく。
生姜   適量 スライスする
鷹の爪  1本 中の種をとり、2等分くらいに切る。
ハバネロ 少々
白だし 適量 大さじ四杯 お好みで増やしてください。
油   適量

作り方
⓵深めの鍋に油をしき、ニンニク、ショウガを弱火で焦がさないように炒め、香りを出す。
⓶鶏肉を加え弱火のままゆっくりと色が変わる程度に炒める。
⓷肉に色がつき始めると残りの材料を入れてざっくりと材料にうまみをつけるように炒める。
⓸酢を材料がかぶるくらい入れる。昆布も入れる。中火でくつくつと煮る。アクをとる。
⓹大根の色が透明になりかかるくらいでオリゴ糖大さじ一杯、みりん大さじ一杯を入れて二分間ほど煮る。
⓺白だしを入れて、フタをし、弱火で煮る。
⓻汁の味を見ながら白だしで調整する。(水を足すと、酸っぱさが軽減される)
⓼味がつくとふたを開け水分(汁)を絡めてよい色合いに仕上げる。
⓽さや豆を添える。アツアツでも、冷えてもおいしい。翌日の弁当のおかずにもなる。

 - レシピ集