芋料理いろいろ―ほっこりと美味しい大学芋、ポテトのヨーグルトカナッペ、ジャガイモのマーマレードジャム煮

      2017/04/01

ほっこりと美味しい大学芋

材料(2人分)
薩摩芋   大1本
水あめ   大さじ2杯
ハチミツ  大さじ2杯
砂糖    大さじ2杯
醤油    小さじ2分の1杯位
いり黒ごま 少々

作り方
⓵薩摩芋はひと口大の乱切りにし、水にさらしてしっかりと水を切っておく。
⓶フライパンに1センチ位の嵩に油を入れ、弱火~中火で「⓵」の薩摩芋を揚げる。そののち、油を切る。
⓷鍋に水あめ大さじ2杯、ハチミツ、砂糖、それぞれ大さじ2杯を混ぜ合わせ醤油小さじ2分の1杯をたす。弱火にし、「⓶」の薩摩芋を加え絡める。いり黒ごまをパラッとかける。




ポテトのヨーグルトカナッペ

材料(2人分)
オイルサーディン     100g
オイルサーディンの漬け油 大さじ1杯
ローズマリー       1枝
ジャガイモ        中2個
ヨーグルト        40g
マヨネーズ        大さじ3杯
塩            少々
コショウ         少々
ペッパーピンクソルト   適量
クラッカーorフランスパン お好みの量
くるみ お好みの量
ブラックオリーブスライス お好みの量

作り方
⓵ジャガイモ中2個を乱切りにして茹でる。柔らかくなったら水を捨てたのち、乾煎りして水分をとばす。そののち、ジャガイモをつぶし、ヨーグルト40g、マヨネーズ大さじ3杯、塩とコショウを少々入れ、混ぜ合わせる。
⓶オイルサーディン100gと、オイルサーディンの漬け油大さじ1杯とローズマリー1枝をフライパンで炒めて冷ましておく。
⓷クラッカーorフランスパンに「⓵」をのせ、「⓶」をトッピングする。ペッパーピンクソルトを上からパラッとかける。くるみ、オリーブのスライスをバランスよく
そえる。




ジャガイモのマーマレードジャム煮

材料(2人分)
ジャガイモ     大2個
マーマレードジャム 大さじ3杯
砂糖        大さじ2杯
みりん       大さじ2杯
酢         大さじ1杯
生姜        1片すりおろしたもの
ニンニク      1片すりおろしたもの
ハチミツ      少々
塩         少々
コショウ      少々
料理酒 大さじ4杯
作り方
⓵ジャガイモを1㎝幅の輪切りにする。耐熱容器に入れ、電子レンジ(600w)で2分程度熱を入れる。(固さが残るくらいでやめるのがポイント)
⓶鍋にマーマレードジャム大さじ3杯、砂糖大さじ2杯、みりん大さじ2杯、酢大さじ杯、生姜1片すりおろしたもの、ニンニク1片すりおろしたもの、料理酒大さじ4杯、ハチミツ少々、塩少々、コショウ少々をいれ火を入れたのち、「⓵」を入れ、弱火で煮る。煮汁がなくなるまで、焦がさないようにしながら、味をからめる。

ワンポイント
ピリッとした辛さをお求めの方は、鷹の爪を少々加えると美味しい。

〇ジャガイモに興味がある方は、牧野富太郎『植物一日一題』をお読みになれば、得るところが大きいだろうと思う。牧野富太郎氏は、ジャガイモは、馬鈴薯ではないと主張しておられる。暇を持て余している方々は、国木田独歩『牛肉と馬鈴薯』の「馬鈴薯」に、あるいは『牛肉と馬鈴薯』本文中の「馬鈴薯」にどのようなルビがふされているか、お調べになるとよい。

 - レシピ集