キョウチクトウの育て方

   

キョウチクトウ科 キョウチクトウ属

🍃インド原産

日本へは、中国を経て、江戸時代中期に伝来した

🍃和名 キョウチクトウ

🍃英名 oleander

🍃常緑低木 小高木

🍃花期   6~9月

🍃花色   白、ピンク、黄色などがある

白は一重、ピンクは八重が多い

🍃病害虫  アブラムシ

🍃水やり  控えめ

🍃日当たり 外の日向

 

 

🍃キョウチクトウは、優れた園芸植物ではあるが、有毒な防御物質を持つ。

🌱毒性

野外活動の際に調理に用いたり、家畜が食べたりしないように注意が必要である。花、葉、枝、根、果実、全ての部分と周辺の土壌にも毒性がある。生木を燃した煙も毒。

腐葉土にしても、1年間は毒性が残るため注意を要する。

🍃中毒症状

嘔吐(100%)、四肢脱力(84%)、倦怠感(83%)、下痢(77%)、非回転性めまい(66%)、腹痛(57%)などかある。

🍃アレルギー

環境省によれば、1970年に喘息の発生が報告されている。

(毒性、アレルギーについては、ウィキペディアの一覧記事を参照いたしました。)

私達に心の安らぎを与えてくれる植物のなかには、有毒植物もある。

植えたい植物や育てたい花も、危険性はないか、よく調べることがまず、第一歩。自分だけではなく、周りの皆が安心して植物を育て楽しめるよう注意を払いたい。

 

 

 

 

 - 園芸(家人筆), 家人のつぶやき