ジニアの育て方

      2017/09/23

ジニア(百日草) キク科

 

🌿原産地

メキシコを中心に南北アメリカに15種類が分布する植物

 

🌿水やり

鉢植えの場合は、表面の土がかわいてから、たっぷりと水を与える

地植えの場合は、雨水でよいが、葉に元気がなくなっていたら、たっぷりと水を与える

鉢植え、地植え共に泥が跳ね返らないように、根本に水を与えると、病害も防ぐことができる(斑点細菌病)

 

🌿肥料

開花中は2週間に一回液体肥料を与える

 

🌿切り戻し

花が咲き終わって盛りが過ぎたら、、茎の2節を残して、短く切り戻す

わき芽がでてきて、再び元気な花を咲かせる

 

 

🌿挿し芽

春から秋の間に茎の先端から6㎝程度の長さに切り、赤玉土(小粒)を入れた育苗ポットにさす

発根するまでは、半日影で土が乾燥しないように管理する

 

 

🌿一年草

最低気温10℃以上であれば、冬越し可能な植物である

 

🌿耐寒性

やや弱い

 

🌿花色

黄色 白 紫 ピンクなどで秋に近づくにつれ、より鮮やかな色へと変化する

 

🌿花期

初夏~秋の長い間、花を咲かせる

 

🌿日当たり

日がよく当たると花が開く

暑さ、日照りに強い 日が足りないと花が閉じる

 

🌿耐病性

強い

 

🌿花のかたち

丸弁のダリア咲きもある

 

 

🌿土

水はけの良い土を好む 多湿を嫌う

やや乾燥気味に育てる

🌿鉢植えの場合

赤玉(小)7:腐葉土3又は、市販の草花用培養土を利用

🌿地植えの場合

庭の土を掘り起こし、腐葉土を3割混ぜ合わせ、2週間あけて植え付ける

 

🌿苗植え

5~7月に植え付ける

株の間は20~30㎝あける

 

🌿手入れ

咲き終わった花は、栄養分をとられないよう、こまめにはながらをつみ、次の花の生育につなぐ

 

 

 - 園芸(家人筆), 家人のつぶやき