ルリマツリの育て方

      2017/08/02

青紫色の花が咲き出すと、今年も夏がやってきたなぁと感じる。

わが家では、角地に植えているが、自由奔放に枝葉を伸ばし、花がとても綺麗に咲き誇る。

環境があっているのか、強健に育ち、上に下に横にとぐんぐんのぴて花が沢山咲く。

わが家の横をお散歩してきたのであろうな…と思われるワンちゃんに合うと、ご免なさいね~と思わずにはいられない。何故かと云うと、

犬の顔や耳や体に、ルリマツリの花が、ぺたっと張り付いている…。

こういった具合に、少々べたつき感のある花である。

反省の至り…。

早速、塀からはみ出している枝葉をカットする。

 

ルリマツリ イソマツ科 ルリマツリ属

別名 プルンバーゴ

半つる性低木

花色 青紫色

開花期 5~10月

耐寒性 やや弱い 株は、常緑性であるが、日本の冬の寒さで、葉が枯れることがある。0℃以上であれば、越冬する。寒風、霜に気を付ければ屋外で、冬越しできる。

 

耐暑性 強いが、やや、乾燥に弱い。鉢植えは、真夏は、半日陰がよい。

 

日当たり 日当たりのよい場所を好む。日照不足になると、花付きが悪くなる。

 

水やり 適湿を好む。強い乾燥に弱い。春~秋の生育期には、たっぷりの水を与える。

冬季の水やりは、低温で、育たないので、回数を減らし、乾燥気味にする。

冬場は、多湿による病気が発生しやすいので、土が、いつも湿っているような状態にならないようにする。

 

病害虫 1灰色カビ病、2菌核病。

1 低温多湿が原因になることが多い。枯れた花や葉をこまめに取り除き、風通しを良くする。病気にかかったら、他の植物にも伝染するので、早めに処分する。

2 低温多湿が原因。株元近くの茎が腐り、黒く変色し、株が枯れる。他の植物に、伝染するので、早めに処分する。

 

 

用土 水はけのよい土を用いる。赤玉土6、腐葉土4の割合で混ぜ合わせた土など。

 

肥料 春~秋は、生育旺盛で枝葉を伸ばし、花もよく咲くので、液体肥料を1週間に1回の間隔で与える。固形肥料の場合は、月1回を目安に施す。

 

剪定 枝がよくのびる。放置しておくと、高さ2メートル以上になり、全体のバランスが乱れやすい。

花が、一通り終わると、伸びすぎた枝を切り戻す。少々アバウトに切っても、節々から芽を出すので、かなり、短くスッキリと切ってもよい。

 

挿し木 5月~7月が適期

先端から10㎝程切る。清潔な土に芽先の部分を切り取り、5㎝位まで土にさす。

根がでるまでは、

明るい日陰で、土を乾かさないように、管理する。気温が高い時期は、よく根づく。

 

植え替え 植え付け

適期 3~4月

根の生育が、旺盛なので、鉢植えは1~2年に1回の目安で、一回り大きな鉢に植え替える。

古い土を半分くらいに落とし、長い根は切り詰め植え付ける。

地植えの場合は、環境が合えば、強健に育つ。

 

 - 園芸(家人筆), 家人のつぶやき