セージ (ハーブ)の育て方

      2017/07/24

シソ科 サルビア属

原産地 ヨーロッパ、中南米を中心に世界に900種ほど分布する

別名 ヤクヨウサルビア

常緑低木 草丈30~90㎝

殖やす方法 挿し木、株分け、種まき

 

挿し木の仕方🌿

挿し木は気温が25℃くらい、地温16℃位が最適である。シソ科、キク科は、種子から育てるより、挿し木のほうが、生育がはやく、簡単。

 

上の写真のような、元気な枝を8㎝ほどカットする。

カットしたら、切り口を丁寧に斜めにカットする。

そうすることで、切り口の面が大きくなり、水を吸いやすくなる。

次に、葉を3~4枚残して、他の葉は丁寧に切り取る。下葉を残し過ぎると、発根しにくくなる。準備が整うと、1時間程水につけて、水あげをする。

土は、清潔なものを用意する。水でよく湿らせ、割りばしで穴を開けて、そっと差し込む。周りの土をかけて、挿し木後は、風の当たらない半日陰で管理する。2週間くらいで、発根する。その間の水やりは、土の表面が乾くと水を与える。

時期 湿度の高い季節が良い。梅雨時は、土にカビがはえやすいので、長雨にあたらない場所で管理する。

 

耐寒性 やや強い。関東以西では、屋外で、冬越しできる。

耐暑性 やや強い。

花期 5月位から開花する。深い青紫色の花で夏の空の色とよくあう。1~2回ほど刈り込むと、晩秋まで花を楽しめる。

日当たり 陽当たりを好む、風通しのよい場所で育てる。真夏の直射日光は、避ける。

温度 20℃が生育適温

水やり 多湿が苦手。乾燥気味に育てる。土の表面が乾いてから、水をたっぷりと与える。

肥料 植え付け時に元肥を入れる。あとは、要らない。丈夫な植物。

土 ハーブ用の土、水はけのよい土、酸性の土を嫌うので苔土石灰を混ぜ込み調整する。

病害虫 アブラムシ、ハダニは風通しをよくすることで、防ぐことが、できる。

灰色カビ病 高温多湿によりおこるので、乾燥気味に育てる。

 - 園芸(家人筆), 家人のつぶやき