ミモザの育て方🌿

      2017/07/07

ミモザ

春とは名のみ。まだまだ寒い日々の2月頃から

4月にかけて、鮮やかなイエローの小さなボン

ボンのかたちをした花を咲かせる。

パ~ッと辺り一帯を、華やかな黄色に染める。

その姿は愛らしく、風に揺れる様などは、なん

とも魅力的である。ほわ~ん💓としてしまう

くらい、大好きで、癒される。

 

魅了されてしまった私は、狭い庭にも拘わら

ず、3本のミモザの苗木を植えてしまった。

生長の早いミモザは、元気な銀色の新葉を出

し、あっという間に1階の屋根をゆうに越して

いる。

 

雨上がりのミモザの葉。陽に輝く雫✨

 

マメ科 オジギソウ属

多年草 低木

水やり 自然の雨で充分。 夏は乾燥しやすいので、状態に合わせてしっかりと与える。

場所 外の日向

植え付け 一旦植栽すれば、移植に弱いので、植え付ける場所を入念に考えておく。

土 水はけの良い土。 赤玉土を混ぜるとよい。 極論、痩せ地でも、生育する。

肥料 無くても育つ。葉が黄色になる場合は、液肥をやる。

剪定 花が咲きおわり、7月までには、翌年の花芽ができるところから、花後早めに、夏前迄に剪定を終わらせ、花芽を切らないようにする。

 

 

来年の花芽がつきました‼

 

両手で抱えられない程の花束を作り、日頃お世話になっている方々にお届けします。喜んでいただけるのが、幸せ❕

 

 

 

 

 - 園芸(家人筆), 家人のつぶやき