落語に登場する思いつめる若人

  2017/04/13    文学と落語

落語に登場する思いつめる若人  何も、悩んだ末、華厳滝に飛び込んだりして、自らの …

春になると、花房からあまい香りを漂わせる。 その藤の香り好きで、白の藤の苗を買っ …

no image

ブロッコリーとしいたけの中華炒めの作り方

  2017/04/11    レシピ集

ブロッコリーとしいたけの中華炒めの作り方 材料(2人前) ブロッコリー   半玉 …

さくら 『2』

あめが降っている。 雨に濡れた桜の花も、なかなかいいものだ。 人っこひとり、いな …

さくら

  2017/04/09    園芸(家人筆)

叔父が遊びに来たときのことである。 わが家の狭い庭に桜の苗木を植えているのを見て …

no image

幸田露伴『雪たゝき』と落語「雪とん」

  2017/04/08    文学と落語

幸田露伴『雪たゝき』と落語「雪とん」 5代目古今亭志ん生の落語は、力が抜けて、閑 …

鼻毛

  2017/04/07    その他

鼻毛 今回は、鼻毛についてまとめる。 鼻毛といわれて私が、先ず連想するのは、漱石 …

ジギタリス

  2017/04/06    園芸(家人筆)

スックと茎を伸ばし、個性的な花を咲かせる。存在感のある花だ。 わが家の春の庭にな …

トマトとニンニクのスパゲティ

  2017/04/05    レシピ集

トマトとニンニクのスパゲティ 夏の疲れを一掃しよう。トマトとニンニクで元気を得ま …

ハクモクレン

  2017/04/04    園芸(家人筆)

春がやって来た 春の香り 風にのって遠くからやってくる春のかおり。 リスの表情が …

宿根ネメシア、エリゲロン

  2017/04/03    家人のつぶやき

わが家のネメシアは、一年の間、殆ど開花している。 小さな愛らしい花を風に揺らし、 …

ローズマリー

  2017/04/02    園芸(家人筆)

ローズマリーは、観賞用と料理用に分けて楽しんでいる。常緑性低木、宿根草のハープ。 …

no image

大根煮込みのレシピ

  2017/04/01    レシピ集

大根煮込みのレシピ 材料(2人分) 牛ミンチ  80g 大根    2文の1本 …

no image

ミネストローネのレシピ

  2017/03/31    レシピ集

ミネストローネのレシピ 材料(1人分) ジャガイモ    1個 人参      …

トクサ

  2017/03/30    文学作品の中の植物

トクサ トクサには木賊、砥草という漢字をあてる。砥草の「砥」は、砥石の「砥」であ …

no image

方言を話すということ―織田作之助作品中の場合

  2017/03/29    その他

方言を話すということ―織田作之助作品中の場合 よく、転勤になったら、そこの土地の …

no image

ブイヤベースのレシピ

  2017/03/28    レシピ集

ブイヤベース  フランスパンのオリーブオイル焼きと一緒に。 材料(2人分) エビ …

no image

朝寝

  2017/03/28    文学作品の中の現象

朝寝*寝坊についてはまとめておらん 今日は朝寝をした。今十一時である。山頭火の日 …

no image

バナナ

  2017/03/27    文学作品の中の食物

バナナ 漱石『彼岸過迄』では、敬太郎が「新嘉坡(シンガポール)」で「護謨林(ゴム …

no image

太宰治『人間失格』と高田保「恋文」の類似点について

  2017/03/27    文学作品間の類似点

太宰治『人間失格』と高田保「恋文」の類似点について 太宰治『人間失格』と高田保「 …

no image

男と女を結ぶもの―赤い糸など

  2017/03/26    文学作品の中の現象

男と女を結ぶもの―赤い糸など 月下氷人とは、仲人のことである。「月下」は、月下老 …

no image

雁と投石

  2017/03/25    文学作品の中の鳥獣

雁と投石 雁の季節である。雁に石を投げるといえば、鷗外『雁』を連想する。以下、ル …

no image

金縛り

  2017/03/24    文学作品の中の現象

金縛り さあ、起きるぞという時、意識がはっきりしているという自覚があるのに、体が …

パイナップル(pineapple)

  2017/03/23    文学作品の中の食物

パイナップル(pineapple) 先日、シュラスコなる南米の肉料理を食べたが、 …

no image

蚊について

  2017/03/22    文学作品の中の虫

蚊について 昨晩は、師走にしてはたいそう暖かかった。暖かいと眠くなる。逸民の眠り …

アオサギ

  2017/03/22    文学作品の中の鳥獣

アオサギ 今回は、アオサギに書いていきたい。まず芭蕉の句を挙げる。 昼ねふる青鷺 …

no image

キクラゲ

  2017/03/21    文学作品の中の食物

キクラゲ 芥川龍之介『河童』に「しかし目や口は兎も角も、この鼻と云ふものは妙に恐 …

タンポポの綿毛

  2017/03/21    文学作品の中の植物

タンポポの綿毛 タンポポについてまとめたが、長くなったので、たんぽぽの種子の用例 …

ストック

  2017/03/21    園芸(家人筆)

ストックの花の香りが好きなこともあり、毎年、飽きることなく12月の頃からストック …

バッタ

  2017/03/21    文学作品の中の虫

バッタ バッタといえば、旧約聖書「出エジプト記」や、パール・バック『大地』を思い …