「 文学作品の中の食物 」 一覧

no image

バナナ

  2017/03/27    文学作品の中の食物

バナナ 漱石『彼岸過迄』では、敬太郎が「新嘉坡(シンガポール)」で「護謨林(ゴム …

パイナップル(pineapple)

  2017/03/23    文学作品の中の食物

パイナップル(pineapple) 先日、シュラスコなる南米の肉料理を食べたが、 …

no image

キクラゲ

  2017/03/21    文学作品の中の食物

キクラゲ 芥川龍之介『河童』に「しかし目や口は兎も角も、この鼻と云ふものは妙に恐 …

数の子

  2017/03/19    文学作品の中の食物

数の子 数の子はニシンの卵である。今や、数の子は高価であるが、以前はそんなことは …