バナナのココナッツオイル焼きをのせたヨーグルトデザートのレシピ、体調を整えることができる酢豆の作り方

      2017/03/17

バナナのココナッツオイル焼きをのせたヨーグルトデザート

材料(2人分)
バナナ       1本
ココナッツオイル  適量
クルミorアーモンド 3~4個
シナモン      少々
ヨーグルト     お好みの量
ハチミツ      お好みの量
ミント       適量




作り方
⓵バナナを5ミリ幅の輪切りにする。
⓶フライパンにココナッツオイルを適量入れ中火でバナナの両面に焼き色をつける。
⓷器にお好みの量のヨーグルトを入れる。「⓶」のバナナを上に飾る。
⓸クルミorアーモンドを割ってのせ、ハチミツをお好みの量かける。シナモンをパラットふる。ミントをトッピングする。

〇アーモンドは、「アマンド」と言われていた時期があった。時代と共に呼び名が変わるのはそう珍しいことではない。ドイルの詩人シラーは、シルレルと表記されていた時期がある。太宰治作品では、常に、シラーは、シルレルと表記されていたはずである。前、何の本だったか忘れたが、外国文学の翻訳本で、「メロン」に注がしてあって、それには、西洋まくわ、としてあったように記憶する。「まくわ」とは「まくわうり」のことであろう。今は、まくわ瓜に注釈のいるご時世である。時代ごとに、新たな注釈が必要になるのも、面倒といえば面倒なことである。



体調を整えることができる酢豆の作り方

材料
大豆(乾燥させてあるもの) 200g
黒酢            500ml位

作り方
⓵大豆を洗う。水をよく切る。
⓶「⓵」をフライパンに入れて弱火にかける。(フタをする。)
⓷焦げないようにフライパンを時々ゆすりながら熱を通す。
⓸香ばしいにおいがして、色が変わってきたら火を止める。食べてみて、カリッとしていたら良いです。
⓹ざるにあけて冷ます。
⓺深めの密封できる瓶に「⓹」を入れる。
⓻黒酢を大豆がすべてつかるまで、注ぐ。
⓼冷蔵庫に入れて保存する。半年くらいは保存できる。

用途の例
・ヨーグルトの上にのっける。
・サラダに入れる。
・肉と一緒に炒める。
・ハチミツをかけて食べる。
・そのまま食べても、食べられないことはない。慣れたら、美味しい。ないと、物寂しくなるくらい。

〇酢豆を作る過程で、豆を炒ることになるのだが、「いり豆」、という言葉をきくと、太宰治『グッド・バイ』に出てくる鴉声の永井キヌ子が頭に浮かぶ。彼女は、「恐れ入ります」、というべきところで「おそれいりまめ」と「駄じゃれ」をいう。このような冗談は、地口といわれる。「舌切り雀」をもじって、「着たきり雀」と、いうのも地口の例である。『グッド・バイ』では、「ゲス」という言葉が使われている。今日、不倫関係を指すものとして、ゲスなる言葉がよく使われているようであるが、『グッド・バイ』では、先の「おそれいりまめ」のことを、「ゲスな駄じゃれ」というために「ゲス」はつかわれている。

 - レシピ集